USCPA(米国公認会計士)とは?

Screen Shot 2016-03-23 13.05.48

USCPAを目指すかどうか考える方は年々増えてきています。会計・英語のバックグラウンドがあると担保できる魅力から人気が高まっています。

1.USCPA(米国公認会計士)とは?

USCPA(米国公認会計士)とはアメリカの各州により登録をされた公認会計士の資格です。アメリカでは日本のように国で統一して登録するのではなく、各州に設けられている会計士協会により登録がなされます。

会計士の試験自体はAICPAというアメリカ全土の会計士協会によって運営されるため、申込は各州を選択して行われますが、同一の試験内容が実施されます。従って難易度が州によって変わるということはありません。

USCPA(米国公認会計士)としての肩書を利用するには、試験に合格するだけでなく、各州への登録を行う必要があります。

受験時に求められる単位や登録時に必要な単位は各州により異なっています。

スポンサーリンク

2.なぜ今USCPA(米国公認会計士)が人気なのか?

近年、USCPA(米国公認会計士)は日本において非常に注目が集まってきています。

日本企業のグローバル化が進み、海外子会社を含む連結決算を行うため、USCPA(米国公認会計士)の勉強を通じて学ぶ英文会計がダイレクトに活かせるためです。

また会計自体のグローバルも行われており、国際会計基準であるIFRSの適用が各国で進んでいます。

海外の現地法人において現場の会計を統括する責任者や、日本において海外の財務諸表を取りまとめる担当者など、USCPAの需要は高まっています。

日本においては、日本の公認会計士登録が必要なため、監査人として監査報告書へサインをすることは出来ません。しかし、実際の監査の現場では4大監査法人を始め、多くのUSCPA(米国公認会計士)の資格者が活躍しています。

スポンサーリンク

3.実践に生かせる勉強内容

USCPA(米国公認会計士)の試験は当然英語で行われます。そのため、英語で会計を勉強することになります。ただでさえ複雑な会計の考え方を英語で学ぶため、試験勉強は非常に大変です。

しかし、会計士の試験で学ぶ内容は、財務会計・管理会計・IT・税務・経済学など学んでいて損は決してないものです。会計のフィールドで仕事をしようとするならば、必ず必要とされる知識でもあります。

実践に生かせる内容を英語で学ぶため、USCPA(米国公認会計士)の資格を持っているということが、転職などにおいても評価されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA